ダイソー ブラックメスティン買ってみたら大人の事情が垣間見れたw

スポンサーリンク
アウトドア
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!管理人のひろよんです。

今回はダイソーのブラックメスティンについて書いていますが、先に下のナフコ ブラックメスティンの記事を読まれることをお勧めします。

先日、どこにいってもダイソーの黒メスティンが買えなくて、あきらめてナフコの黒メスティンを買ったのですが、、、

今日、たまたま寄ったダイソーで銀メスティンが大量にあったので、ごそごそ物色したら、いちばん下に黒メスティンが隠してあったので即お買い上げですwww。誰か後日買おうとして隠してたのか、店員が間違えたのか真偽はわかりませんが。

スポンサーリンク

ダイソー ブラックメスティン

早速開封です。もともと低価格のフッ素加工メスティンといえば、このダイソーブラックメスティンが始まりです。税込み1,100円という手ごろ価格でメスティン界隈に旋風を巻き起こしたのですが、どこの店舗に行っても売り切れで、今回手に入ったのも本当に偶然だったとおもいます。

パッケージの外観は写真の通りで、、、( ,,`・ω・´)ンンン?。

なんだか既視感が激しいです。ま、まさか(;゚д゚)ゴクリ…

ナフコのブラックメスティンの箱はどこやったっけ???えっと、、、

上がダイソーのパッケージで下がナフコのパッケージ、右半分は一緒やw
ナフコの左側の文面はダイソーの「ご使用のコツ」と全く一緒です。句読点まで一緒。

一応、販売者とかも違って、サイズも2,3mmちがいます。容量も40mLほど違いますが正直誤差です。これだけパッケージに共通点があっては言い逃れできません。

大人の事情商品やんけww

スポンサーリンク

ダイソー ブラックメスティンの外観

はっきり言って、先日購入したナフコ ブラックメスティンと全く違いがありません。サイズ違いも膨らみをやでっぱりをどう見るかの違い位です。

ダイソーブラックメスティンもバリなどは全然なくうまく加工されていますね。

ナフコのブラックメスティンと並べてしまうとどちらがどちらかわかりませんね。

ちなみに下がダイソーのブラックメスティン

蓋を入れ替えてもジャストフィットw当然、本体を入れ替えてもジャストフィットw

蓋を入れ替えても普通にはまります。今度は本体をいれかえて、、、と元に戻るwww

写真撮ってたらどっちがどっちかわからなくなりました。もう、、いいや

スポンサーリンク

メスティン炊飯に必要な小物

ナフコブラックメスティンは固形燃料使う前提で小物を揃えましたが、せっかくなのでこちらはアルコールストーブ仕様で小物を揃えます。

1.ダイソーでミニストーブ(古いタイプで新型より5mmほど幅が広い)
2.ダイソーアルコールストーブ40mL
3.30mL化粧ボトル
4.ダイソーランチバニティバッグ

を同時に買いました。ミニストーブやランチバニティバッグについてはナフコ ブラックメスティンの記事に書いているので割愛します。

ダイソーアルコールストーブ

燃料アルコールで燃焼させるストーブです。ダイソーじゃないの買おうと思ったのですが、ミニストーブと相性のいい薄型なので選択。燃料入れには30mL入る化粧用ボトルを使うことにします。ちょっとした煮炊きに重宝しそうです。

やたら、ジェットの穴が大きいな、、、どちらかといえば穏やかに燃えるストーブらしいです。
ゴトク代わりのミニストーブとの相性がいい

スタッキング

はい!こちらもダイソーランチバニティバッグ使ってシンデレラフィットwwww

メスティン内に燃料ボトルを入れて、横にミニストーブ、アルコールストーブを全部入れて奇麗にチャックが締まります。

スポンサーリンク

最後に

ん-、ナフコの商品はダイソーより品質がいいのかと思っていましたが、見た目での判断はつきませんでした。逆に言えばダイソーさんの黒メスティンは、そこそこの品質があるのか?とも取れますが、、、

蒸し網はダイソーでも1.5合用は220円で売っていますので、合計で税込1,320円です。一方ナフコ黒メスティンは網がついて税込1,680円なのでその差が360円。たかが360円、されど360円。

どちらにしても大人の事情商品ならば、もう少し、パッケージなど工夫してくれたら、こちらも、もやもやしなくて済むのにね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました