アクアリウム始めました! 悲劇の章

スポンサーリンク
エビ水槽
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!
管理人のひろよんです。

今年は、すっかりエギングにはまってしまって、最近はイカ釣りばかりしていますが、エギングに使うエギって要はエビを模したものじゃん!エギングの極意をつかむためにはエビを知らねば、、、ということでアクアリウム始めました(嘘w)

スポンサーリンク

ホームセンターで運命の出会い

ある日、近所のホームセンターに猫の餌を買いに行くと、ミニ水槽が半額コーナーに!巾25cm、奥行き18cmくらいの手ごろなサイズです。これなら机の上で観察しながら飼えるかも、、

お値段も税込1540円とお買い得な感じがしたのでアマゾンなどは調べずにリアクションバイト!

半額!!!安いのか?よくわからないけど買うw

早速、買って帰って組み立てて水槽に生体を、、、ってそこは君の場所じゃない!

君にはちょっと狭いやろ?

色々妨害を受けますが、机の上も片付けて、水を入れてろ過機のモーターをON!

初心者でもこのまますぐに生き物を入れるのは無茶だと知っています。バクテリアとやらが沸いていないのですぐにアンモニアが発生して全滅コースです。
なので付属のバクテリア液を入れてしばらく放置です。、、てか、餌も何もないのにバクテリア沸くんだろうか?

水、回してるだけでいいの?

2週間ほど水槽を回した後、さっそく娘を誘って近所の水路にガサガサに行ってきました。
ターゲットは小さくて飼いやすいミナミヌマエビとメダカです。

我が家のあたりはミナミヌマエビはちょっとした水路ならどこにでもいます。

僕の子供のころはエビなんてほとんどいなかったけどなぁ、、それだけ、洗剤や農薬が環境にやさしくなったということかな?

まぁミナミヌマエビは難なくゲット!

一方のメダカですが、、、秘蔵のメダカスポットへ行くと、、、圃場整備で水路に水がない。巾が3mくらいの広い水路にはいることはいるのですが、、

メダカというやつは水面でちょんちょんしているから直ぐに掬えそうですが、あれで警戒心と遊泳力がなかなか強く、水深のある池だと1回か2回、網でジャバジャバしてしまうと底に沈んで全然いなくなります。

一番いいのは閉鎖水域、水路に網を置いて棒などで追い込むのが最も手っ取り早いのですが、、

車で何か所か回ってようやくメダカが取れそうな場所で10匹ほど掬ってきました。

ガサガサで掬ってきたばっかりだけど元気いっぱい

飼育2日目の朝には早くも何匹かのメダカは餌を認識して積極的に食べ始めています。吊られてほかのメダカも夕方の餌には食べるようになって一安心。

このまま、元気で育ってくれよ!

落ちてくる餌を食べ始めてうれしい

初日と1日目に水が軽く白濁りして生体をいれすぎたか?と思ったのですが、2日目の朝には完全にきれいに澄んで持ち直しました。

姫もエビと魚をみて、何、これ、食べていいの?って感じで水槽前から動きまません

食うなよ。。。。(=^・^=)
スポンサーリンク

悲劇は突然に、、

その日は、階段に蚊がいたんです、、

なので家人がワンプッシュ式の殺虫剤をシュっと、、、

その薬剤を浴びたままエビを僕の部屋に見に来ました、、

30秒もしないうち何匹かのエビがびょんびょんと縦方向に跳ね上がり、そのまま体制を保てないまま沈下、、、そしてまたびょんびょんっと、、

あれ、おかしい、出来の悪いエギでももう少しまともな動きするはず、、、

それで話を聞いてみると、殺虫剤を使ったことがわかって、、、でも時はすでに遅く20分もしないうちにエビは全滅。不幸中の幸いメダカは大丈夫でしたが。

スポンサーリンク

最後に

あっけないエビの最後を見届けて、傷心の僕に娘が「来週も掬いに行こう」って、「次は気を付ければいいよ!」って

というわけで、来週またエビ掬いに行ってきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました