タックルメンテナンス

スポンサーリンク
DIY
この記事は約4分で読めます。

安いタックルでも長く使って余計な出費を避けるため、僕が普段しているタックルメンテナンスについて書きます。

完全に自己流なのでまねして壊れても責任は取れません。自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク

水洗い 

まずはロッドとリールを塩抜き目的で水洗いします。リールは回しながらの方がいいのですが、面倒なのでジャバーっとシャワーかけちゃいます。

 この時、気を付けたいのがドラグをしっかり締めることと、スプールが下に降りた状態で水洗すること。最近のスプールは軽量化のため穴が開いているので、そこからの侵入を防ぐためです。また、分解しない人はグリスやオイルが流れるので熱いお湯は使わないほうがいいです。

主な目的は塩分を洗い落とすことなので、ブラシでゴシゴシとかはこの時点ではしません。

スポンサーリンク

ロッドのメンテナンス

一通り水洗いが終わると、必用に応じて柔らかい布等で表面の汚れを落とします。接着剤やグリップがとれると面倒なので、洗剤や熱いお湯は使いません。人肌くらいのぬるま湯を使います。

ガイドの内側の汚れ

 マイクロガイドは写真のように先の方のガイドの内側に汚れがたまりやすく、そのままだと、流石にステンレスのガイドも錆びますし、安物メッキ品ならもうさびてるでしょう。

こういった汚れは丁寧に歯ブラシやお湯を使って落とします。

仕上げ

洗い終わったら陰干しします。ロッドワックスも余裕があれば塗ります。ロッド表面は水切れが良い状態にしておかないと、夜釣りでの露や、ラインから上がってくる海水がまとわりついて、細番手PEを使うとライントラブルが多発します。

表面の撥水状態保てるとビュッと一振りで竿表面の水分が飛んでいきます。

スポンサーリンク

リールのメンテナンス

 水洗したリールは表面の水滴を柔らかい布でふき取り、スプールを外して陰干しします。 つまようじなどで傷をつけないようラインローラーを回してみてジャリつくようなら塩を噛んでいますので分解清掃が必要です。

使用頻度も考え、問題なければ乾燥したらラインローラーやハンドルノブに軽く注油して終わりです。

 今シーズンは右側のレガリス2台については使用頻度が低く(4-5月のメバル用のため)、アジングで一番よく使った左のセドナを分解清掃してみます。

スポンサーリンク

分解清掃 

シマノのセドナは容易に7BB化できるうえ、価格も4千円位で売ってることも多いので、リールメンテの入門にはうってつけです。僕のセドナも7BB化済みです。それでも低価格帯のリールの限界は越えられません。

ハンドルは共締め型なので笑っちゃうくらいガタつきますし、ギアの遊びもおおいですし、まぁ、正直こんな手間暇かけるのなら、セルテートかルビアスあたりでも買っとけっていうのが常識的な釣り人の考えだと思います。

 話を元に戻して、、、セドナは部品点数が写真のように少なく分解、洗浄、グリスアップまで1時間かかりません。 もうね、あっという間。これこそ低単価リールの醍醐味です。

全部でこれだけ

これを部品ごとにパーツクリーナーで洗浄します。
昨年春に7BB化して以来の分解清掃です。

 わかりにくいですが、洗浄液を集めてみたら結構汚れが出てました。今回は、しばらくアジもしないだろうと思い、ギアはグリス多め仕様にしてみました。基本使うグリスとオイルはシマノ純正を使っています。

ベアリングにグリス入れると巻きが結構重くなるので、ベアリングにはちょっと粘性の高いオイルを使っています。賛否はあるかと思いますが、ベアリングには競技用自転車のチェーンオイル使っています。粘性が少し高いので少しでも飛びにくいかな?思っています。

オイル使う場合、一定釣行ごとにオイルアップを必ずしないと調子が悪くなるし(巻きがざらつくのですぐにわかります)、粘度の高いオイルがクラッチローラーに流れ込むとクラッチも効きづらくなるので分解清掃できない機種は本当にお勧めしません。

 で、毎回セドナを分解して思うのはハガネギア丈夫すぎやろ?
 メインギアのグリスってほとんど汚れていない。これが同期間使ったダイワのデジギアだと真っ黒になってるのに、、、

 まぁ、そんなこんなでちゃっちゃとくみ上げて、ボディを止めるねじを緩めたり締めたり、ボディねじったりしながら強引に芯のようなものを見つけて、それでOK!低価格機です言うほど違いはありません。 組みあがったら軽く回して異音がなければ完成!

スポンサーリンク

最後に 

メーカー問わずリールのお尻のところのカバー(おむつとかふんどしとか言う部分)を外すと注油口みたいな穴があることがありますが、、、、そこからスプレーオイルをがむしゃらに吹き込むのはやめましょう。

 グリスと混ざったオイルがワンウェイクラッチにまわって、クラッチがおかしくなります。このセドナもクラッチ壊れたって買い換える友人からもらったんですが、ボディの割れ目から染み出るほどのオイルぶち込んでありましたわw

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました