キャンピングムーン(CAMPING MOON) OD缶⇨CB缶互換アダプター 変換アダプター

スポンサーリンク
アウトドア
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!
管理人のひろよんです。

釣行の食事に、毎回コンビニ弁当や菓子パン、お菓子で済ますのものいいのですが、特に冬場での夜釣りではご飯やおにぎりはカチカチに硬くなってしまうし、温かかった缶コーヒーも飲むときにはコールドの飲料より冷えてる?ってくらいになっていることもあります。

なので、釣りに行くときは車に必ずバーナーと鍋、水などを積み込み、現地や車中でご飯作ったり、カップ麺作ったり、コーヒー入れたりしています。

今は、持ち運び用には30年近く使っているプリムス2243、車の近くや車中飯の時にはイワタニのカセットコンロを使っています。

僕のプリムス2243。海辺で使うことも多くかなり錆びました。釣り道具に圧迫されたのか微妙にヘッドが歪んでいます。
スポンサーリンク

カセットコンロとキャンプ用バーナーのガス缶の規格違い

この運用だと、ガスボンベを常に2種類持っていないといけないのです。カセットコンロはいわゆるCB缶で、普通に家でカセットコンロなどで使っているボンベ缶です。家庭用のカセットコンロで使われるガスボンベ規格です。

プリムス2243はOD缶でこちらはアウトドア缶の略なのかな?アウトドア用に作られた専用規格のカートリッジで、形状が全く異なるり家庭用カセットコンロに使用することはできません。

スポンサーリンク

OD缶の調達と運用コストがネック

僕の場合は、数年前から冬場の釣りがライトゲーム主体で基本ランガンしながらどんどん釣り場を動いていくスタイルからからヤリイカ中心の比較的同じ場所にとどまるスタイルに変わってきていて、釣りながらコーヒーを入れたり、カップ麺作ったりする機会がすごく増えました。

そうなると、釣り場に大きなカセットコンロを持ち込むのは難しいので、プリムス2243の出番が増えてきます。当然OD缶の消費も増えています。OD缶も最近ではホームセンターで扱っていることも多く以前ほど調達困難な感じではなくなっていますが、移動中に、「あ、ガスなかった、、」とか思い出しても夜間だと簡単に手に入れることはできません。一方、CB缶は割高にはなりますが、ほとんどのコンビニにおいてあります。

スポンサーリンク

だからガスを詰め替える

更に、OD缶はとにかく高い。ホームセンターやディスカウント系のお店で安くてもノーマルガスの250gの規格缶でも1本400~500円くらいします。一方カセットボンベはイワタニ純正品をコンビニで定価で買ったとしても1本(250g)で250円くらいなので約半分のコストで運用できます。

そこで、CB缶→OD缶にガスを詰め替えするためのキットを購入しました。最初買ったのはSRECNO cb缶 od缶 アダプター ガス変換アダプター ガス詰め替えアダプターです。

この丸いほうのパーツの出来が悪い。

このキットはアマゾンで999円で購入しましたが、、、右側のバルブのついているOD缶⇔OD缶の両方がメスのパーツと左側のCD缶をセットしてOD缶のオスに変換するパーツとを連結して使うのですが、、、

この左側のCD缶をセットするアダプターがとてもできがわるく、、ちょっとお勧めできません。

まず、カセットボンベがカチッとはまらない。はまっても異常に硬い、、、次にODオス側のネジ形状が微妙にちがい、機種によってはめちゃくちゃガスが漏れます。僕のプリムス2243ではガス駄々洩れで引火してビビりました。

スポンサーリンク

CAMPING MOON OD缶⇨CB缶変換アダプター

そこでダメもとで同じ中華メーカーだけど、アマゾンのレビューもよい、キャンピングムーンのOD缶⇨CB缶 変換アダプターを買いなおしました。こちらもアマゾンで1000円で購入しました。

思っていたより全然出来がいい。期待していなかったのでうれしい

せっかくの買いなおしなので、ほかのことも考えCB缶の横置き対応している(といっても、カセットの切り欠きが上になるように足がついているだけですが)ものにしました。(CB缶は構造上、横置きする場合には切り欠きが上になるようにしないと生ガスが噴き出て大炎上します。)

あ、全然違う、、、、

まず十字のダイキャスト?の部品のバリや出来が違います。キャンピングムーンのものはエッジもはっきり出ていて、バリもなく、きれいにできているともいますが、最初に買ったSRECNOは、鋳造跡とバリがひどくおまけに、他の製品から型を取ったのではと思うくらいエッジが出ていません。

この写真で十字のダイキャスト部品の出来の具合がわかるかな?

次にボンベを止める爪やボンベをロックするためのプラスチック部品ですが、これは写真通り、SRECNOは全然ダメですね。さらに言うなら僕が買ったのは最初からヘリの部分が割れているし、、、

プラスチックの質感も全然違います。

それらの影響でどうしてもCB缶にカチッとはまってくれません。下の写真のようにSRECNOのアダプターボンベの管が全部奥まで入らないうえプラ部品が歪んでるので、どうしてもボンベとアダプターの間にすき間ができぐらぐらしてしまいます。ガス詰め替えくらいなら使えるとおもいますが、ガス機器に取り付けて安全に使えるかは疑問です。

ボンベとアダプターの間に1mmくらいの隙間が空いている。

キャンピングムーンのアダプターはボンベとすき間なくはまるのでぐらぐらせず、安心感が半端ないです。

キャンピングムーンのアダプターはすき間がなくかっちりはまっています。

次にOD缶側の口に相当するほうですが、、、OD缶の写真も同時に載せておきますが、、
SRECNOは全然形状が違います。穴のところのちょっとした突起がなく、プリムス2234に取り付け時にはなぜかねじの奥まで入りませんでした。おそらく真ん中の逆止弁を押すピンが機器側についているのですが、そのピンが弁を押し切って底つきしたので入らなかったのだと思います。結局ネジが締まっていないのでパッキンが効かずガス漏れにつながっていると思います。

アウトドアムーン製の物は缶の出口形状をよく再現していると思います。実際OD缶の代わりに使ってみましたが僕の手持ちの物ではガス漏れはありませんでした。

一番左の中華品は微妙にOD缶と形状が違うので機器によってはガス漏れします。

僕の場合は、海辺使用ということもあり、油断しなくてもOD缶の缶底がすぐに錆びちゃうので頻繁な詰め替えはそこまでしない予定ですが備えあれば憂いなし。車にはCB缶はいつも2,3本積んでいるので困ったときはすぐに詰め替えできます。

ただでさえ、グレーゾーンや違法なのではといわれるガスの詰め替えです。少しでも安全な器具を使用したいです。

スポンサーリンク

最後に

長くなったので今回はキャンピングムーンのOD缶⇨CB缶互換アダプター 変換アダプターのしょうかいだけになってしまいましたが、次回、実際に詰め替えてみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました