メスティン車中炊飯

スポンサーリンク
アウトドア
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

先日アオリイカを釣りに行ったときに、久しぶりに車中炊飯してみました!

以前は普通に鍋で炊いていたのですが、今回からメスティンで自動炊飯に挑戦してみます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: PXL_20220506_003932438-1.jpg
スポンサーリンク

準備は念入りに

今回は釣り場ということもあり、無洗米をつかいます。

使うメスティンは、以前紹介したナフコのブラックメスティン(1.5合用)です。

朝マズメの釣りの前に無洗米1.5合を計り、水を定量入れて給水開始です。無洗米は充分に給水したほうがおいしく炊けると聞いてたので、数時間の給水になりますが、、、問題ないでしょう。

給水準備ができたら蓋をして、いざアオリイカ!

朝マズメで無事アオリイカゲット!今年初のアオリイカでテンション上がります!

朝マズメも終わり車に戻ります。

スポンサーリンク

いざ!炊飯開始!

まずは快適に過ごせるよう、車を景色がよく日陰になっているところに移動します。

そよ風が気持ちいい、、一酸化炭素中毒防止のため窓は開けておきます。

着火!!

コンロと固形燃料はダイソーのミニコンロと固形燃料です。
下に敷いている鉄板はCAN★Doのミニ鉄板。ご飯が炊けたら焼肉にも使えるので2,3枚持っていてもよいかもしれませんね。

車が微妙に傾いているので、割りばしを挟んで水平を調整します。

この後は固形燃料の火が消えるまで放置するだけなのですが、今日はレトルトのカレーにするので、フツフツしてすき間から蒸気が出だすと、重石代わりにカレーを載せておきます。

火が消えたら、メスティンをひっくり返して、ダイソーの保温材付きのランチバックに入れてカレーのパックも入れて30分ほど蒸らします。

ダイソーのランチバッグはレトルトカレーのパックもぴったりサイズです。

スポンサーリンク

開封!

釣りの疲れで、ウトウトしているとあっという間に蒸らしが終わっていました。

蓋を取ってみると、、おおおメスティンいっぱいのご飯!!

うーん、表面が若干べとついていますが、中はちゃんと炊けています。

道中で買っておいたサラダと、ちょうどよく温まったレトルトのカレーをかけて完成です。

あっというまに完食して、休憩がてらに道の駅に行って足湯を満喫します。

足湯ってヤバイ。20分くらい使っていると足の疲れがまじで楽になります。最近は朝マズメ→足湯→仮眠→夕マズメのルーティンがお気に入りです!

足湯でリフレッシュして少し仮眠してから午後の部で頑張ります!

スポンサーリンク

次回に向けての備忘

1.1.5合炊きのメスティンも1合炊きのメスティンも規定量のお米を炊くと蓋いっぱいまでのご飯になるのですが、、、蓋近くではどうしても水気が回るのか、どうしてもべちゃつきます。1.5合用のメスティンで1合炊くのが一番おいしく炊ける気がします。そして、1.5合のご飯は、、思ってるよりずっと多くて、、

2.文中では程よく温まったとレトルトカレーですが、、、ご飯にかけてたべると、、微妙にぬるい。。。うまいと思う温かさと、まずいと思うぬるさの間の温度で微妙でした。次は別の鍋でしっかり温めたほうがいいですね。

汚れ物、洗い物を増やしたくないので、次回からは炊き込みご飯や、おかずの同時炊飯を挑戦してみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました